豆フェンサーRyo杯 

ロンドンオリンピック  フルーレ団体銀メダルのメンバーだった三宅諒選手を讃える試合を開催する。

少年,少女が未来を描ける試合としていきます。


2012年ロンドンオリンピック銀メダリスト三宅諒選手が少年の頃に豆フェンサーRyoと呼ばれていました。
4年生の時に小学生全国大会で準優勝、5年生で3位、6年生で優勝と活躍。

2001年3月アメリカのルイビルで行われたNorth American Cup U10で優勝、
国際大会で少年フェンサー初の優勝と海外への挑戦に弾みをつけました。
ドイツで開かれているケーニッヒ杯で2連覇するなどと日本が世界に羽ばたく活躍を見せ
『世界カデ優勝』世界と名前が着く試合で始めて金メダルを取る。

2021年度 豆フェンサーRyo杯

兼  江戸川区民

  フェンシング大会

1月4日月曜日 試合結果

成績

中学男子 1位 橋本 2位萩原 3位田中 中学女子 1位貫井 2位高見沢 3位沼田
小学男子 1位田代 2位渡辺 3位榎本 小学女子 F1位高野 2位高橋 3位浜田
小学混合 1位伊藤 2位田代 3位丸山 優勝杯とメダル



問合せメール:ryocup@fencing-stage.com



過去の栄光

2020年 1月3日  試合結果
成績
男子中学 1位萩原 2千葉 3河原
   小学 1位田中 2白男川3前田
j女子中学 1位l貫井 2西岡 3沼田
   小学 1位市ヶ谷 2田代 3フィガリ